マッサージチェアはマイリラMRL-1100で十分か

首が凝る、肩が凝る、腰が痛い。以前から本格的なマッサージチェアが欲しいと思っている。しかし、30万円から40万円クラスの本格的な奴は何と言ってもデカい。置き場所に困るのだ。

我が家の一階のリビングダイニングには、ソファの他に既にリクライニングチェア(ekornes社 曰くストレスレスチェア)があり、そこに並べるのは何と言うか座りが悪い。そもそもマッサージチェアなどという野暮ったい椅子をリビングに置きたくはない。一階には和室もあるが、和室に置くなんてもっての外だ。二階の主寝室と二人の子供達の部屋ならば、三部屋とも置けないことはないが、やはりあのフルサイズのマッサージチェアが鎮座するとなると「邪魔」だ。あれは価格以上にサイズが厄介なのだ。

そんな時、ケーズデンキでたまたま見つけたのが、フジ医療器の「マイリラマッサージャー MRL-1100」だった。


何が良いかと言うと、そこそこ本格的な揉み、叩き、背中伸ばしの機能を有しており、何よりコンパクトだ。揉み玉も安物にありがちな二つではなく四つだし、揉み玉ヒーターに座バイブだって付いている。それでいて実売三万円以下で購入できる。

当然ながら本格的なマッサージチェアが有しているような、腕だの脚だのを揉んでくれる機能はないのだが、それらは元より付加機能であり、いらないと言えばいらない。それに、

専用チェアも別売りであるが、そんなものを買う必要はなく、このように四~五千円で買えるそれっぽい椅子に括り付けて使えるので非常に使い勝手が良い。

タイマー付きの全身、肩だけ、腰だけのコースも選べるし、手動で自分に合う部位に欲しいマッサージだけを当てることも出来る。

これだけ出来て椅子込み総額三万五千円未満だ。確かに本格的なマッサージチェアはかなり進歩していて、非常に快適なのは確かなのだが、価格はこれの十倍はする。果たして十倍の価値があるかと言うと、率直に言ってないと断言しよう。決して本格機が買えない僻みなどではない。

もっと言うと、どんな高級機でさえ、本当に自分の欲しいところにピンポイントでマッサージを当ててくれるかと言うと、答えはノーだ。

そういう意味では、意外にこういうものの方が良かったりする。

Lourdes マッサージクッション

実はこれ、会社の慰労パーティのビンゴゲームで当たり、貰って帰ってきたもので、実売価格で言えば四千円もしないものなのだが、馬鹿にすることなかれ。実にこれ、ピンポイントで凝っているところにとてもうまく当てられるスグレモノなのだ。なんと此奴も揉み玉ヒーター付きだ。

私が所有しているのは揉み玉2個のものだが、現在の製品は揉み玉4個にバージョンアップしているようだ。

マイリラマッサージャーとルルド マサージクッション。この二つで我が家は非常に快適なマッサージチェアライフを送っている。重ねて言うが本格マッサージチェアが買えない僻みではない。これは非常に重要だから二度書いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です