ゴルフアイアンを替えてみた

実は2018年の10月頃から○十肩らしきものになり、2019年5月現在完治していない。しかも左肩なのでゴルファーにとっては致命的なのだが、動かさないでいると肩が固まって回らなくなってしまう気がして、激痛に堪えながらもストレッチとスイング練習は欠かさないようにしている。

だがやはり痛いものは痛い。そもそも電車の吊革に掴まって体重を支えるのも辛いのに、重いものを持ち上げるなんて無理ゲーだ。ここはやはりアイアンを替えるしかない。神の信託が降りた。

今まで使っていたのは、Titleist AP2 DG200だ。

YAMAHA Impress (シャフト忘れた) ⇒ Titleist CB DG200 ⇒ Titleist AP2 DG200

ときて、「今日まで、私なりのゴルフ生活を続けて参りましたが、今ここに、自らの体力の限界を知るに至り、DG200からの撤退を決意致しました。」

長嶋茂雄風に言ってみたら、文体が変わってしまったので、今回はこのままいきます。

いやまぁ、触れるんだけど肩が痛いしぃ、痛いとついついスイング中に躰が突っ込んじゃうのでぇ・・・すいません、言い訳です。振れなくなりました、はい。

いやまぁ、振れるんだけどさ・・・。ちょっと飛距離が落ちた気がするのでぇ。

アイアンに飛距離関係ないじゃんと言われれば、まぁそうなのだけど、そろそろ自分の体格と体力にフィッティングしたクラブが欲しくなったというのが本音であります。

で、Ping i500アイアンに手を出した次第で。

AP2使ってて何故i200系列じゃないのと言われると、i500の方がマスクが格好良かったから・・・。だってマッスルバックみたいじゃねぇですか、これ。ほら。

それでね、それでね、Pingってフィッティング無料なの。シャフト種類(重さ、硬さ)、シャフト長さ、ライ角、ロフト角、グリップの太さ、全部体格に合わせて調整してくれてお値段変わらずなんですぅ。

なんだけどぉ、Pingのフィッティングスタジオでやって貰うと全く値引き無しなのでぇ、フィッティングして貰ったデータを頂いて、○割引のところから買いました。Pingさん、すみません。

そろそろ真面目にやります。

で、全項目フィッティングされたクラブを購入致しました。そういう訳でもうスコアが悪くてもクラブの所為には出来なくなったというオチです。

フィッティングデータは公開しませんが、一番の違いはシャフトでしょうね。

TrueTemper、日本シャフト、Ping オリジナルまで色々選べるんですが、DG200からの変更である点を考慮し、カーボンや70g台の超軽量スチールシャフトはやめて、90g台の軽量スチールにしました。

DG200は元調子なので安定しているのですが、シャフトの重さや、トルク、中調子、先調子と色々変えて試打してみた結果、一番フットプリントが暴れなかったのが、Pingオリジナル AMT 2.0 Lite の SR でしたので、データを信じてこれをチョイスしました。AMT 2.0 Lite のスペックは下記の通りです。

R 87g トルク1.9 中先調子
SR 93g トルク1.8 中調子
S 98g トルク1.6 中調子

私がAP2で使っていたシャフトはDG200 AMT なので、重量が番手ごとのフロー設計になっており、

132~105g トルク1.4~1.8 元調子

です。数値上は大分違うのですが、クラブヘッドの特性と合わさると違和感はありません。i500はAP2に比べて大分ロフトが立っているのですが、シャフトがDG200よりしなるせいなのか、或いはフェースの弾きがよいからなのか、弾道は高く上がります。

AP2では4番から入れていましたが、試打上の計測数値では、

#5 190yd

#6 180yd

#7 170yd

#8 150yd

#9 135yd

PW 125yd

でしたので、4番は抜きました。私のクラブはその上が3Uとなっており、3Uが19゜で200~210ydとなりますので被りそうだったので。

ユーティリティを抜いて#4を入れるという選択もありますが、それは今回見送りました。

私の飛距離でAP2と比べると、#5~#7が20yd、#8~PWが其々10ydずつ伸びているので、ちょっと気になるのが#8と#7の間のギャップです。

フィールドで実際打った感触も上記とそれほど変わらない感じがするので、#5~#7のロフトを少し寝かせてもいいかなと迷ってます。

ついで言うと、ウェッジは50゜と56゜を入れているのですが、この50゜とPWとの間も少しあります。Ping i500にはPW(W)の下にUW(U)というアイアンがもう一本あり、それを入れるかウェッジシリーズをもう一本入れるかも考えどころです。

気になる点は以上です。i500はマッスルバック形状でも全く難しさはありません。因みにTitleist MBを試打した時は全然駄目でした。あれはミスには超弱い、というか下手な人には使い物になりません。

i500は、鋳造ボディに鍛造マレージングフェースを合わせ、ブレード形状なのに中空という構造をしており、ミスにも強いと謳っています。実際ミスった時の感じとしては、トップした場合はどちらも変わりませんが、ダフった場合AP2だと飛距離が激減しますが、i500ではダフってもそれなりに飛んでいきますので非常に助かります(笑)。

結論として、かなり振り易くなったと感じています。体力に見合ったクラブ選択は大事ですね。

最後に打感ですが、軟鉄鍛造のAP2と比べたら若干硬めではあるものの、一般的な弾き系アイアンのような硬い打感ではありません。芯を外すと少し硬いかなという感じはしますが、クリーンヒット時は差という程の差はないと言ってもよいと思います。

久々に良い買い物をしたと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です