フィギュア三女はポリマークレイ(後編)

前編で基本のモデリングは出来たので、ここからポージングとドレスアップを始める。最終形態はゴルフ女子なので、今回に限ってはヌード即ち全裸は不味い。ドレスコードに引っかかってゴルフ場に入場制限されてしまう。

よって、まずはパンティ・・・ショーツ・・・要するにパンツだ。今回は、スプレー缶でポリマークレイを伸ばして薄くしてから成形してみた。

プロは多分こんなことをせずに、ヘラワークだけでウェアリングするのだろうが、俺はセミプロだからオーバーレイでいく。実のところこれにはちゃんとした理由があるのだが、それは後で説明する。

パンツが穿けたら、次は「ゴルフウェア」を着せてみたい。当然セクシー路線でいくので、アメリカンスリーブに胸開きのアレでいきたい。キューティハニーのパクリではない。永井豪先生へのオマージュである。

永井豪先生、あなたは天才だった。「ハレンチ学園」といい、「キューティハニー」といい、「けっこう仮面」といい、もう非の打ち所がないエッチ路線だ。マジンガーZのアフロダイエースの発想は惜しかったと言わざるを得ない。もっとやって欲しかった。そして、デビルマンでやめときゃいいのに、デビルマンレディなんて描いちゃったところが、あなたの本質がそっち系であることを表している証拠だ。だが、そのどれもがいやらしさのない健全なエッチであるところが先生のいいところだ。

でも、そんな永井豪先生も松本零士先生には敵わない。松本先生は天才を通り越して偉人だ。松本零士先生と言えば宇宙戦艦ヤマトや銀河鉄道999を連想する人が多いだろう。しかし、それは先生の本質ではない。松本零士先生こそ、エッチなどという次元を軽く超越してロマンとエロチシズムを潔くとことん探求された人物である。その代表作は「セクサロイド」、「ひるあんどん」、そして究極は「ガンフロンティア」である。

もうね、多感な俺の青春時代に、アンタ方一体なんてものを描いてくれたんですかっ。俺の性癖はアンタ等のせいでめちゃくちゃだよ。先生方に影響を受けた俺のアートの作風がどのように結実したか、今こそ見せてやる。

まずは先程と同様にポリマークレイの薄物を作り、ボディに被せていく。

大きさと位置決めをしたら、カッティングして前後を張り合わせる。

この時点で既にドレスコード的にアウトな感じがするが、気のせいだ。

次はソックスと靴を履かせてみる。ソックスは、ポリマークレイで輪っかを作り、ヘラで下半分を潰すように押し付けてイメージを作る。

靴はベロアになる部分を足の甲に置き、その後で足を包み込むように左右からポリマークレイを被せていく。

なんとなく靴のイメージになったかな。両足を同様に作ったら、靴底をつけて完成。靴底は後から別途取り付けてもいいが、今回はヘラワークで作ってみた。

ここまで来たら、最終形をイメージしたポージングを行う。

練ったばかりのポリマークレイは柔らかいので、ここまでの作業を一気にやるのであれば問題ないのだが、一旦作業を休止して翌日以降にやったりすると、大抵股が裂けたり、腰が折れたり、腕がもげたりする。その時はその時で慌てず練ったポリマークレイを裂け目に押し込んで均せば問題ない。

さて、次の工程であるが、スカートを履かせる前に髪を先に取り掛かる。フィギュアの長女と次女を作った際の経験がこの時に活きたのだが、この作業の順番が意外に大事なポイントである。

細かい作業をする時、左手でフィギュアを持って、右手でヘラを操作するのだが、ヘラを操作する右手に神経が集中すると、無意識に左手に力が入ったり、左手の指先が細かい造形を変形させてしまったりするのだ。

この場合特に要注意なのは、フィギュアの細い指である。間違って衝撃を与えようものなら即座に折れてしまう。また、仮にここで髪より先にスカートを着せてしまうと、スカートは厚みの薄いパーツなので、髪を成形する際に左手でフィギュアを握ることができない。

というわけでスカートより先に髪に取り掛かる。髪型をイメージしながら、いくつかのパーツを張り合わせるようにして大雑把に成形する。

複雑な髪型にするには何層かに分けて貼り込むといい。その後ヘラで継ぎ目を均し、髪の流れに沿って掻き分けていく。

以上で完成。

最後はいよいよスカートだが、ここまできたらもう臆面もなく超ミニと大胆スリットしかない。その他の選択肢などあり得ない。皆無だ。

最早全くドレスコードに適合するわけなどないのだが、もう突っ走るしかない。

さて、最後に何故オーバーレイで服を作ったかというと、仕上げにそこはかとないセクシーさを出したかったからである。

服というものはピタッと躰に貼り付いているものではなく、着ているからこその隙間というものがあるわけで、それをここで作り込んでいくわけだ。

 胸の開口部とか

 脇とか

 後ろ身頃と背中の間にヘラで隙間を作り込む

ほんのちょっとの隙間やめくれ上がり。こういう芸の細かさがあると一味違う。そこんとこ大事。そして・・・

スカートとは、風に靡くものなり。これこそがファンタジーの王道である。

うん、ティーグラウンドでは後ろには立たないから許して欲しい。

成形に関しては一応これで完成とは言え、最後にあと一つ工程が残っている。この子をオーブンに入れて130℃で焼成しなければならないのだ。でないといつまで経っても固まらない。だが、サイズ的に立ったままではうちのオーブンの庫内に入らない。下手に寝かすと髪やスカートが折れてしまう。どうしたものかね、これ。

と思っていたら、たまたま良さそうな厚皿を見つけたので載せてみた。

これならいけそうなので早速焼いてみる。

スーパースカルピーの説明書きによれば、オーブンを130℃で予熱し、厚さ5mmに対して15分間焼きを入れろとのこと。この子はところにより10mm厚以上ありそうなので、まずは15分間焼き、裏返してもう15分間、合計30分間焼いてみた。

無事焼き上がった。デコピンするように爪で叩いてやると、焼く前はペチペチと柔らかい音を立てていたが、焼成後はコンコンという硬い音がする。色は気持ち濃くなったような気がする。

 

後はサンドペーパーをかけて着色だ。しかしここで頭の上のフックをニッパーで取り除こうとしたところ、首がぽっきりイッてしまうというトラブルが発生。

補修してみたが、焼成した後のポリマークレイは、特性として新たなポリマークレイが少々付き難い。付かないこともないのだが、入り組んだ部分だと綺麗に補修するのが厄介なため、補修跡を隠し補強する目的で急遽チョーカーを着用させたので、益々キューティーハニー寄りになった。

フックを切断した部分に盛ったスーパースカルピーと、チョーカー部分を焼成するため、もう5分程オーブンで焼いて今度こそ成形は完成した。

ここで改めて「隙間の美学」と「チラリズムの極致」について強調しておきたい。

 

問題は、後日着色するまでの保管と、どうやってディスプレイするかである。

最後はゴルフクラブを持たせるので、三点支持で自立させてもある程度安定すると思うが、それまでが問題である。現時点で自立するとは言え、揺れれば倒れる。仕方なくティッシュの空き箱を利用することにした。

うーん、なんだかいけないプレイをしているようだが、今回に限ってはそんな意図は全く無い。可哀想だから早く何とかしなければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です