くしゃみ鼻水鼻詰まりに鼻うがい

私は、一年中鼻詰まりに悩まされている。

調べてみるとスギだかヒノキだかに多少アレルギー反応はあるものの、特に花粉症が酷いというわけではない。しかし、何に反応しているのか不明だが一年中鼻が詰まり気味であり、夜中にどうにも苦しくなると耳鼻科に行って薬を処方してもらう。

それである時、かかりつけの耳鼻科医師から「鼻うがい」をしてみてはどうかと提案されたので試してみることにしたのだが、これが思いの外よかった。

その名も「ハナクリーンS」。

この手のものは数種類市販されているが、医師に訊いたところこれがよいとのことであったので購入してみた。

何をするものかと云うと、読んで字の如し。鼻の中を洗うものだ。要するに片方の鼻の穴から洗浄液を「ブシューッ」と注入すると、もう片方の鼻の中から「ダバーッ」とそれが出てくるというものだ。

使い方は至って簡単だ。まずは容器の中に洗浄液の元となる付属の「白い粉」を入れ、40℃未満のぬるま湯でしっかり溶かす。

念の為に言っておくが、この「白い粉」は皿の上などに出して鼻からストローで吸うものではない。火で炙って吸入したりしてもいけない。

ちゃんと容器に入れ、しっかり溶かした後、ノズルを引き伸ばし、徐に右の鼻の穴から三回「ブシューッ」「ブシューッ」「ブシューッ」、その後左の鼻の穴から「ブシューッ」「ブシューッ」「ブシューッ」とやる。右からやろうが左からやろうが、それは個人の自由だ。

洗浄液を注入すると、もう片方の鼻の穴から粘液を絡め取った洗浄液が「ダバーッ」と出てくる。流石にその様子は見苦しいのでお見せできないが、鼻の中が洗浄された感はたっぷりと堪能できる。

外出して帰宅した後などにやると、明らかに鼻の通りが良くなり、夜寝る際に鼻詰まりが緩和されて楽だということが分かった。強いアレルギーの薬を継続的に飲むより健康にも良い。

因みにこの「白い粉」の主成分は多分「塩」だ。粒が細かいので食卓塩などではないだろう。若干ミントの香りがするが、原理的には150mlの「生理的食塩水」を作るのに必要な量の「塩」である筈なので、「調理塩」でも「食卓塩」でも代用できると思われる。

しかし、毎度計量して生理的食塩水を作るなんて面倒なことはやってられないし、ぬるま湯を鼻腔にぶち込んで痛みを快感に昇華させるような趣味はないので、私は下記を購入した。

サーレS。

案外ぬるま湯でもイケるぜという方がいたら是非コメントが欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です