女性はハンドルの天敵か

何となく物議を醸しそうなタイトルで書き出してしまったが、これにはれっきとした訳がある。

見て頂きたい。これを。

え、何、よく見えないって。しようがない、拡大しよう。

ほら、これですよ、これ。

俺の大事なWRXの本皮ハンドルがぁぁぁぁぁっ。

これ、絶対妻の指輪で傷つけられたやつ(証拠はないけど)です。思えば前の車もそうだった。更にその前の車だって・・・。

… 

妻はハンドルの敵なのだ。いやこの発言はまずい。本人に知れたら大変なことになる。一般化しよう。指輪を嵌めた女性は本皮ハンドルの天敵だ。これでよし。概念の一般化により一対一の対決を避ける手法だ。微妙に敵を増やした気がしないでもないが、それよりこれをどうするかの方が問題だ。

運転する時は指輪をするんじゃないと妻に言うべきか。当然言うべきじゃないだろう。言ったら最後、もう雨の日に駅まで迎えに来てくれなくなるに違いない。

くぅぅぅぅぅ。

仕方ない。女を飾るのは男の甲斐性だぜ。ふっ、キマったな・・・。

だが、ハンドルがぁぁっ。気になる。実に気になる。回すときに手触りがザラって・・・あぁっ。

妻は何とも思っていないらしい。そりゃそうだろ、自分が犯人だからな。知らんぷりを決め込んでやがるんだ。

くそっ・・・どうしてくれようか。やはり指輪禁止にするか。いや、それは出来ん。メリットとデメリットをトレードオフすると、デメリットの方が大き過ぎる。

では泣き寝入りか。うわぁぁぁん・・・。

否、それは駄目だ。これを放置したらメンタルがやられてしまう。

それにしても、指輪をした手でハンドルをギュッと握るなんて。そもそもハンドルはギュッと握るものじゃないんだぞ。もっと言えば君にギュッと握って貰いたいのはハンドルじゃない。いや、今はそういう話じゃなかった。

そうだ、世の中のみんなは一体どうしてるんだろう。そこら中の道路でハンドルの天敵が車を運転してるんだ。似たような悩みを持つ同志がいるはずだ。

ググってみた。

あった。あったよ、ハンドルカバー。しかもそこらのカーショップで売ってる様な、いかにも「被せました」みたいな奴じゃないイカした奴が。

amazonやYahoo!でも売ってはいるが、比較的高いのでお薦めできないからリンクは貼らない。しかし、英語が苦手で、海外サイトはどうも・・・という方は、amazon、Yahoo!で”Mewant”で検索すれば出てくるので、自分の車種用のものを購入すればよいのではないか。やっぱりリンク貼っておこうか(笑)。正しい情報は発信したからな。見た上で比較し、どれを選択するかはその人の自由だ。

 

因みに、私はeBayで購入した。eBayのサイトで同じく”Mewant“で検索すれば色々出てくる。

私のは$67.00で送料込み(しょっちゅう変わる)。注文して3週間弱で台湾から到着した。

思ったより小さい箱だった。

開封の儀

装着の儀

ハンドルに被せて位置決めをしたら、端から針と糸で縫い込んでいく。糸や針など必要なものはすべて付属している。ハンドルを外した方が作業し易いのだろうが、面倒くさいので時々エンジンを掛けて作業しやすい位置にハンドルを回せば良いことにして、そのまま作業に入った。

付属品には両面テープが付いており、ハンドルの裏側に貼る前提のようだが、WRXのハンドルはD型であり、握りの部分にも凹凸があるのでずれることはないだろうという判断の下、両面テープなしで縫い込むことにした。カバーを外したときに素のハンドルがベタつくのは嫌だからね。

縫い込むと言っても、被せたカバーの縫い目を引っ掛けながら交互に縛っていく要領なので、非常に簡単で力もいらない。YouTubeに作業動画が上がっているので参考にした。

余った部分は、スポークの隙間に挟み込んで完成である。

初めからついてるハンドルのようで非常にクオリティが高い。Pretty good !

握りの部分はスエード生地なので手触りもグッドだ。目的のために手間を惜しまない人にはお勧めと言える。

慣れない作業で三時間近くかかった。面倒くさがり屋と不器用な人には向かないな。だがそれだけの価値はある。一回り太くなって、とてもいい感じだ。もしかしたら俺のより太いんじゃないか・・・いや確実に太いな。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です