ゴルフのウェッジで気をつけること

ゴルフの打ち方に関する過去の投稿を読み返してみると「こいつは一体何を言ってるんだ。」と思う。それは認めるが、過去の自分はこう感じていたという記録なので敢えて削除はしないこととする。

しかし、最近はゴルフのスコアが少しずつまとまってきたので、これまで色々やってきた中で、よかった点だけを再びここで備忘録としてまとめておきたい。

ゴルフ本や練習場のコーチの言うことは、多分皆同じことを言っているのだとは思うものの、各人の感性と表現力に差があり、それが自分の感性と理解力にマッチしないとどうもしっくりこないので、彼らが言うようにやってみても中々その言わんとするところを再現するに至らない。

だから、自分で理解できた内容を自分の感性と表現力で置き換えて記録しておく必要があると思っている。

したがって、自分ではこうするとうまくいったというメモなので、これが正解か否かは保証の限りではないし、他人が読んで共感するのも上記の理由で難しいとは思うが、過去の投稿が参考になったと言ってくださった方もいるので、少しでも私と同じく迷える子羊諸兄の参考になれば幸いである。

というわけで、今回はウェッジ編である。アプローチ編と言った方が良いかもしれない。アプローチは私が極めて不得意とするところであり、はっきり申し上げて、第三者が読んでも何の参考にもならない自信があるが、今の所私はこれで一応

上手くいくようになった。

1 アプローチの場合のグリップとアドレス

◆クラブをできるだけ短く持つ

◆腕の延長線上にクラブヘッドがあるように真っ直ぐに持つ

ドライバーやアイアンの様にハンドダウンした上体から角度をつけない。

◆爪先からボールまで靴一足分程度の近い位置に立つ(ボールを真上から見る)

クラブが腕の延長線上にあるように握って、ボールの近くに立つと、自然とクラブのヒールが浮いて芝にざっくりし難くなる。

◆足は揃えて立ち、左足の爪先だけ少しターゲット方向に向ける

オープンスタンスにはしない。オープンスタンスにするとどの方向にボールを打ち出すかイメージし難いので、左足爪先を少し開き両爪先を結んだ線で方向を決める。

2 ランニングアプローチ

◆ランニングアプローチをするなら、#9などロフトの立っているクラブを使う

ロフトの寝たウェッジを立てて使うと、芝に刺さりやすく失敗の確率が高くなるから。

◆ボールを右足寄りに置く

◆ハンドファーストにする

前から見たら右腕とクラブを含む左腕がyの字を描くようなポジションが良いと思う。

◆パターの様に振る

3 ピッチ&ラン

◆ボールは真ん中よりやや左足寄りに置く

◆あまりハンドファーストにしない

前から見たら右腕とクラブを含む左腕がYの字を描くようなポジションがいい

◆首の付根を支点とする振り子をイメージして、上体を使って振る

◆ダフっても良いので自信を持ってヘッドを身体の中心の地面まで落とす

◆バウンスで芝の上を滑らせる必要があるので、左腕は絶対に止めない(👈重要)

あまりハンドファーストにしていなければ、手前から入ってもバウンスで着地して芝上をソールが滑ってくれるので、失敗が少ない。無理して綺麗にボールを捉えようとする必要なし。

逆にウェッジでハンドファーストにし過ぎていると、芝にざっくりし易い。

4 ピッチショット

◆テイクバックでコックしてクラブを立てる(👈重要)

◆コックしたまま上体をゆっくり使って、左腕を止めずに振り抜く

それ以外はピッチ&ランと同じ。

5 距離感の合わせ方

◆距離がある時

使用するクラブの番手毎に、飛距離とランの割合を練習で掴んでおく。

◆距離がない時

事前の素振りの仕方がかなり重要だと思う。

短い距離で小さくスイングしようとすると、ちょろってしまう気がしてつい大きくテイクバックしてしまい、遠くまで飛んでしまうことがよくある。

これを防ぐために、素振りからアプローチショットに至るプロセスが重要で、必ず下記の2ステップで行うことにしている。

(1)ターゲットだけを見て、小さい振り幅のイメージを掴む

(2)ターゲットをイメージしつつボールだけを見て、イメージした振り幅で振る

6 コックとフェイスターンについて

アプローチでは右手の角度を変えないなどとよく言われるが、それはあまり重要ではないと思う。

やはり少しコックしてクラブを上から入れる方がボールは上がるし、バウンスを活用して手前から入れるなら、その方がミスが少ない。

ラフからのアプローチでは、寧ろ積極的にテイクバックでフェイスを引き、フェイスターンしながら打った方がダフり難い。

7 グリーン周りの深いラフからのアプローチ

深いラフに嵌った時は、無理にクラブを上から入れようとせず、ボールのかなり手前から芝ごと打つ方が易しく出せる。

芝に食われる分、強めに入れるのがコツ。

ピンまで飛ばすイメージで打つと、芝に食われていい感じにピン手前で落ちる気がする。

 

 

 

 

 

ゴルフのドライバーで気をつけること

ゴルフの打ち方に関する過去の投稿を読み返してみると「こいつは一体何を言ってるんだ。」と思う。それは認めるが、過去の自分はこう感じていたという記録なので敢えて削除はしないこととする。

しかし、最近はゴルフのスコアが少しずつまとまってきたので、これまで色々やってきた中で、よかった点だけを再びここで備忘録としてまとめておきたい。

ゴルフ本や練習場のコーチの言うことは、多分皆同じことを言っているのだとは思うものの、各人の感性と表現力に差があり、それが自分の感性と理解力にマッチしないとどうもしっくりこないので、彼らが言うようにやってみても中々その言わんとするところを再現するに至らない。

だから、自分で理解できた内容を自分の感性と表現力で置き換えて記録しておく必要があると思っている。

したがって、自分ではこうするとうまくいったというメモなので、これが正解か否かは保証の限りではないし、他人が読んで共感するのも上記の理由で難しいとは思うが、過去の投稿が参考になったと言ってくださった方もいるので、少しでも私と同じく迷えるご同輩の参考になれば幸いである。

前回の投稿ではアイアンショットについて書いた。今回はドライバー編である。

ドライバーを持つ時、私がやりたいことは次の通りである。

◆遠くに飛ばしたい。少なくとも250yd、そしてオサーンより1ydでも遠くに・・・

◆アイアンほどの精度は求めないが安全サイドの範囲内に・・・

まあ、こんなものか。ドライバーを握る以上、距離優先である。精度が必要なら距離を犠牲にしてスプーンにすればよいのだから。どうせ20~30ydくらいの差だし。

それで、アイアンショットと何が違うのかと言えば、アイアンの場合はボールに当たってからスイングの最下点を迎えるが、ドライバーの場合はスイングの最下点を過ぎてからボールに当たるということである。

よって、スイングの基本的なプロセスは同じであるが、一部だけ違うということを気をつけている。

1 グリップ(アイアンと同じ)

◆左手はややストロンググリップ

スクエアグリップだとテイクバックでクラブフェイスを開いて、バックスイングで閉じる動作になるが、ストロンググリップではそうした動作は不要になるため、インパクトの前後でフェィスがターゲット方向を向いている時間が長くなり、安定する(ような気がする)。

◆右手は添えるだけ(あまり被せない)

右手は、クラブフェイスと同じ向きで添えておくだけ。

理由は後述するが、右手がフェイス面と同じ向きであることが重要。

◆弱く握り手首の力も抜く

ダウンスイング時にクラブの重みでヘッドを走らせたいので、クラブを手で吊っている感覚で握る。強く握ると手首にも力が入ってしまい、ヘッドが走らず、振り遅れる。

2 アドレス(アイアンと同じ)

◆立ち位置(ボールとの距離)と重心がかなり大事

クラブを握り、腕を真下に下ろし、足と背筋を真っ直ぐにした状態で腰を曲げて前傾し、前に倒れる寸前で膝を少し曲げた姿勢でクラブヘッドがある位置にボールを置くのがベストと思われる。この時重心はやや爪先寄り。ベタ足ではない。

ボールとの距離が合わないと、ダウンスイング時に身体がインパクトを合わせようとして無意識に余計な動作をしてしまうので、クラブの番手ごとに最適な位置に立つ必要がある

◆背筋を真っ直ぐにし、肩を十分に下げ、首を伸ばす

ダウンスイング時にクラブの重さと遠心力がかかっても、ヘッドがアドレス時より遠くに持っていかれない姿勢を作る。

3 テイクバックからバックスイング(少し違う)

◆テイクバック時は左手を押してクラブを上げていく

腕で持ち上げる様にテイクバックすると肘が曲がり易いので、左手でグリップエンドを押していくようにすると肘が曲がり難い。

◆フェイスが円周上で常にボールを向いているようにテイクバック

テイクバック時は、クラブフェースが開かないように、フェイスが円周に対して直角(円周上では常にボールをインパクトする方向)を保つようにテイクバックする。

◆できる限り大きくテイクバックする(👈ここが違う)

アイアンはクラブを上から入れたいので、テイクバック直後から右肘を畳み、左手を高い位置に上げるが、ドライバーでは右肘はできる限り最後まで畳まず、大きな弧を描いて後ろに引く。

4 トップから切り返し(アイアンと同じ)

ややドローの球筋で打つためには、インパクト時に4時の方向から10時の方向にクラブフェイスを当ててやる必要がある。

また、切り返しの際に左肩がボールに近づいてしまう、所謂突っ込むを防ぐためにこのフェーズは重要であり、これらを実現するために行う次の2つの動作がかなり重要と考える。

但し、この2つの動作は何れも一瞬そう意識する程度に行う。

◆トップで左手を掌側に折る(右手を甲側に折る)

あまりやるとインパクト時にフェースが被って当たってしまうので、飽くまで気持ち程度にやると、トップでクラブが後ろに倒れ、良い感じにイン・アウト軌道の切っ掛けが作れる。

◆アドレス時に爪先寄りだった重心を一端右足踵に乗せる

トップで重心を右足踵に乗せてから切り返していくことで、溜めができ、突っ込みを防ぐことができ、スイング軌道をイン・アウトにする効果も得られ、良いことだらけ。結果として右方向へのプッシュアウト防止にもなる。

5 ダウンスイングからインパクト(少し違う)

◆背骨を回転軸にし、腕を早く振る(👈ここが違う)

背骨を回転軸に初動するのはアイアンと同じだが、初動後はアイアンより早めに腕を振る。

ボールに向かって上から振り下ろすイメージではなく、より緩やかな角度で入射し、振り切ってから身体を回していくように意識する。

クラブが長いので、身体を先行させると振り遅れるため、腕の振りを先行させる。

◆顎が右肩につくまで頭をキープしながら左足に体重移動

突っ込んだり身体が開いたりしないように、顎が右肩に当たるまでは顔を身体の重心から動かさないようにしつつ、右足を蹴るようにして左足に体重を移動する。

この際、肩、腰、足を結んだ線が逆くの字になる。

◆ヘッドを斜め右に放り投げる様にインパクトする(👈ここが違う)

クラブシャフトが長いので、アイアンのようにフェイス面を右掌に同調させるイメージでは方向性が出せない。

方向性はアドレスに任せ、フェイスの真ん中に当てることに意識を集中する。

◆前傾姿勢をキープして振り切る

あとは起き上がらないように自信を持って振り切るのみなのだが、これがなかなか難しい。身体が早く起き上がってしまったり、上体が突っ込んでしまいがちだ。

これを防ぐために、右足踵が地面を離れないようにできるだけ我慢する。こうすることで前傾を保ったまま上体を回転できる(👈結構いいポイントだと思う)。

ゴルフのアイアンで気をつけること

ゴルフの打ち方に関する過去の投稿を読み返してみると「こいつは一体何を言ってるんだ。」と思う。それは認めるが、過去の自分はこう感じていたという記録なので敢えて削除はしないこととする。

しかし、最近はゴルフのスコアが少しずつまとまってきたので、これまで色々やってきた中で、よかった点だけを再びここで備忘録としてまとめておきたい。

ゴルフ本や練習場のコーチの言うことは、多分皆同じことを言っているのだとは思うものの、各人の感性と表現力に差があり、それが自分の感性と理解力にマッチしないとどうもしっくりこないので、彼らが言うようにやってみても中々その言わんとするところを再現するに至らない。

だから、自分で理解できた内容を自分の感性と表現力で置き換えて記録しておく必要があると思っている。

したがって、自分ではこうするとうまくいったというメモなので、これが正解か否かは保証の限りではないし、他人が読んで共感するのも上記の理由で難しいとは思うが、過去の投稿が参考になったと言ってくださった方もいるので、少しでも私と同じく迷える子羊諸兄の参考になれば幸いである。

まずはアイアンだが、アイアンで私がやりたいことは以下の通り。

◆ダフりたくないし、トップもしたくない

◆球筋はややドローか真っ直ぐ

◆方向の安定性を確保

まあこれくらいだ。クラブの番手通りの距離を出すことが最終目標ではあるが、それは上記が達成され、スイングが安定すれば自ずとそうなる筈なので気にしていない。

やりたいことを達成するために気をつけることを、グリップ、アドレス、テイクバックからバックスイング、トップでの切り返し、ダウンスイングからインパクトの五つのフェーズに分けて整理してみた。

よく「フィニッシュが決まった」とか言う解説者がいるが、私としては打ってしまった後のことはどうでもいい。インパクトがしっかりできるスイングになっていれば、飛距離と同様フォローもフィニッシュも勝手に決まるから。

寧ろフィニッシュ決めてドヤ顔してる奴はラウンドでは鬱陶しい。誰も見てねぇよ、早くそこを退きやがれと言ってやりたい。

1 グリップ

◆左手はややストロンググリップ

スクエアグリップだとテイクバックでクラブフェイスを開いて、バックスイングで閉じる動作になるが、ストロンググリップではそうした動作は不要になるため、インパクトの前後でフェィスがターゲット方向を向いている時間が長くなり、安定する(ような気がする)。

◆右手は添えるだけ(あまり被せない)

右手は、クラブフェイスと同じ向きで添えておくだけ。

理由は後述するが、右手がフェイス面と同じ向きであることが重要。

◆弱く握り手首の力も抜く

ダウンスイング時にクラブの重みでヘッドを走らせたいので、クラブを手で吊っている感覚で握る。強く握ると手首にも力が入ってしまい、ヘッドが走らず、振り遅れる。

2 アドレス

◆立ち位置(ボールとの距離)と重心がかなり大事

クラブを握り、腕を真下に下ろし、足と背筋を真っ直ぐにした状態で腰を曲げて前傾し、前に倒れる寸前で膝を少し曲げた姿勢でクラブヘッドがある位置にボールを置くのがベストと思われる。この時重心はやや爪先寄り。ベタ足ではない。

ボールとの距離が合わないと、ダウンスイング時に身体がインパクトを合わせようとして無意識に余計な動作をしてしまうので、クラブの番手ごとに最適な位置に立つ必要がある

◆背筋を真っ直ぐにし、肩を十分に下げ、首を伸ばす

ダウンスイング時にクラブの重さと遠心力がかかっても、ヘッドがアドレス時より遠くに持っていかれない姿勢を作ることが大切だ。

3 テイクバックからバックスイング

◆テイクバック時は左手を押してクラブを上げていく

腕で持ち上げる様にテイクバックすると肘が曲がり易いので、左手でグリップエンドを押していくようにすると肘が曲がり難い。

◆フェイスが円周上で常にボールを向いているようにテイクバック

テイクバック時は、クラブフェースが開かないように、フェイスが円周に対して直角(円周上では常にボールをインパクトする方向)を保つようにテイクバックする。

◆右肘を早く畳む

アイアンはクラブを上から入れたいので、テイクバック直後から右肘を畳み、左手を高い位置に上げることが重要だと思う

4 トップから切り返し(ここが結構重要)

ややドローの球筋で打つためには、インパクト時に4時の方向から10時の方向にクラブフェイスを当ててやる必要がある。

また、切り返しの際に左肩がボールに近づいてしまう、所謂突っ込むを防ぐためにこのフェーズは重要であり、これらを実現するために行う次の2つの動作がかなり重要だと思う。

但し、この2つの動作は何れも一瞬そう意識する程度に行う。

◆トップで左手を掌側に折る(右手を甲側に折る)

あまりやるとインパクト時にフェースが被って当たってしまうので、飽くまで気持ち程度にやると、トップでクラブが後ろに倒れ、良い感じにイン・アウト軌道の切っ掛けが作れる。

◆アドレス時に爪先寄りだった重心を一端右足踵に乗せる

トップで重心を右足踵に乗せてから切り返していくことで、溜めができ、突っ込みを防ぐことができ、スイング軌道をイン・アウトにする効果も得られ、良いことだらけ。結果として右方向へのプッシュアウト防止にもなる。

5 ダウンスイングからインパクト

◆背骨を回転軸にし、クラブの重みを利用して上から振り下ろす

回転軸は背骨。初動ができたらクラブの重みと遠心力で加速させる。

ボールに向かって上から振り下ろす(👈重要)。

前へ飛ばそうとして横振りしないこと。横振りの動作が入ると、インパクトが薄くなり、身体が起き上がってチーピンになり易い。

◆顎が右肩につくまで頭をキープしながら左足に体重移動

突っ込んだり身体が開いたりしないように、顎が右肩に当たるまでは顔を身体の重心から動かさないようにしつつ、右足を蹴るようにして左足に体重を移動する。

この際、肩、腰、足を結んだ線が逆「くの字」になる。

◆インパクト直前に右掌でボールを叩く意識をする(👈重要)

グリップしてアドレスした時に右掌がフェース面と同じ向きになっていれば、こうすることでクラブフェースが正しくターゲット方向を向いてインパクトすることができる。

◆前傾姿勢をキープして振り切る

あとは起き上がらないように自信を持って振り切るのみ。

ゴルフでダフらないために

前回ゴルフスイングの改造を行ってから暫く経ったが、結局ダフりは直らなかった。少なくはなったのだが、やはり発生はしていた。アイアンの精度向上はスコアメイクに絶対必要だ。そこで今回はダフり改善だけでなく、もう一度スイングを見直してみようと思った。

前回の投稿をチェックしてみると、まあ間違ってはいないとは思うが、何となくゴルフを分かってない奴が無理して書いている文章臭がプンプンする。困ったものだ。しかし、あれから俺は変わった。別人だと思って欲しい。だから今度こそ本質を突く。突いてやる。お前はもう死んでいる。いやそれは秘孔だ。突くのは秘孔じゃなくて本質だ。秘孔を突くには北斗神拳を習得しなければならないが、本質を突くために必要なのは北斗神拳ではなく、科学的な考察だ。俺は科学の子だ。

★はじめに結論を言う

最初に今回スイング改造して至った結論、即ちスイング時にどのような点に気をつけて振るかポイントを述べる。前回の投稿を見て思ったが、読むのがダルい。その原因はこれが出来ていなかったから。では結論のアイアンスイング七か条、いってみようと思う。

1 アドレスで肩を十分に下げて首を伸ばす

⇒クラブを振ってもはじめからそれ以上肩が動かない位置でアドレスする

2 前傾した際に背骨を中心にした回転軸を意識する

⇒回転軸に意識を向けることで前傾角度が変わらないようにする

⇒上体の起き上がりを抑制しフックを防ぐ

3 テークバック時は左手のグリップを押すようにして右肘を早めに曲げていく

(1)左手のグリップを押すイメージだと左腕が曲がり難い

⇔クラブを持ち上げるイメージだと左腕が曲がり易い

(2)右肘を曲げてコンパクトに上げるとクラブヘッドが上から入り易い

⇔右手を伸ばして水平に引くとクラブヘッドが横から入ってダフり易い

4 バックスイング時にトップで頭が下がらないように意識する

⇒躰が楽をしようとして、頭とトップの相対位置を誤魔化すのを防ぐ

⇒頭が下がると、アドレス時よりクラブヘッドが下がってダフる

5 頭の位置を動かさずにバンプする

⇒アドレス時より打点をターゲット方向にずらす

6 ダウンスイング時は腰は回さず上体だけを回転する

⇒躰の構造上インパクト時に臍がボールを向いていないと方向がずれる

⇒ゴルフに腰は必要ない(笑)上体の回転についていくだけでいい

7 ボールのターゲット方向側の縁に向けてクラブを振り下ろす

⇒ダウンブローに必須

⇒ターゲット方向に振ろうとするとアッパースイングになる

以上だ。この内ダフり防止に最も重要な点を一つ挙げろと言われたら、4だと思う。これホント。6ははっきり言ってダフリ改善には関係ない。

では次にこの結論に至った経緯を述べる。

★ダフるということ

要するにダフるというのは、ボールを打つより前に地面を叩く行為だ。つまるところ、本来クラブヘッドで当てたい場所を外している。

「ここか、ここがええのんか。」

「違うわ、そこじゃない、もっと前よ。」

みたいなものだ。科学者として、いやそれ以前に男として決してあってはならないことだと思う。

そのように考えると、トップしないことと対策はある意味同じだ。ボールをクリーンに叩けばいい。それだけのことなのだが、では何故当てたいところに当たらないのか。

★ボールとクラブヘッドとの位置関係

ゴルフには、ボールをクリーンに打つために必要な骨格と筋肉以外、他の一切を動かさないことが求められる。ところがついこれをやっちゃう。その原因は二つあると考えられる。科学らしくなってきたな。

1 飛距離や正確性を出そうという意識が躰の余計な部分を動かしてしまう

2 クラブという重量物を振ることに堪えられず、遠心力で動いてしまう

今回のスイング改造では、意識科学の領域にまで踏み込む。でないと原因不明の躰の動きを防ぐことが出来ない。意識と物理の両方からのアプローチが必要だ。

まずはじめにボールとクラブヘッドの位置関係だが、ボールをヒットする時は、アドレスした時よりもクラブヘッドがターゲット方向に3cmほど前に降りて来なければ必然的にダフる。打点に対してアドレスしているわけではなくそれより少し手前にアドレスしているからだ。アドレスポイントが、

「ここか、ここがええのんか。」

だとすると、打点の位置は、

「違うわ、そこじゃない、もっと前よ。」

なのだ。つまりアドレスしたポジションに躰を戻すのでは駄目ということだ。

★三次元の位置関係を崩さずにスイングする

物体の位置関係を合わせるには、垂直方向と水平方向二つの位置を合わせなければならない。まず垂直方向の合わせ方からいきたい。

【垂直方向の位置合わせ】

ゴルフ本を見ると、よく「前傾姿勢を崩すな」と書かれているが、まずこれは正しいけれど正確ではないと思う。アドレスした姿勢を横から見ると「く」の字のようになっているわけだが、この「く」の字の「角度」を、アドレス、バックスイング、ダウンスイング、ボールをヒットしてクラブヘッドからボールが離れる瞬間まで変えてはならないということだ。これが僅かでも変わると打点の垂直方向の位置が変わり、下にずれればダフり、上にずれればトップする。その精度は1cm未満を要求される。仮にうまい具合に当たったとしても、ボールにヒットする前に起き上がりを開始してしまえばその動きで回転がかかりチーピンまっしぐら。それがゴルフだ。

ではその対策だが、これには「意識的な方策」と「物理的な方策」の二つがある。

意識的な方策としては、「前傾姿勢を崩さないで打つ」なんて考えながらスイングすると、「前傾を崩さない」なんてことはスイングした瞬間にどこかへすっ飛んで、明日に向かって「打つべし」という意識だけが働いてしまう。「あしたのジョー」を見て育って世代の哀しい性だ。結果として躰が突っ込んでダフりまくりだ。あーつまんねぇ、もう明日のゴルフなんてやめだ、になってしまう。

対策としては意識をそこから敢えて外す。「アドレスした姿勢で背骨を中心にして上体を回転させるだけ」と意識する。「回転だ」「回転だ」「回転だ」「回転だ」「回転だ」「回転だ」「回転だ」「回転だ」・・・これくらい思い込む必要がある。回転する途中でクラブヘッドにボールが当たるだけ。まずこれで半分解決だ。

これだけだと、「気合だ」「気合だ」「気合だ」と叫ぶ何処かのオッサンみたいで、正気を疑われてしまいそうなので物理の話に移ろう。物理は対策が二つある。

練習場で他の人をよく見ていると、結構肩が入ってる人を見かける。「それ駄目じゃね。」と思う。肩が入ると力も入るし自然に肩が上がる。上がった肩はスイング時にクラブの重みと遠心力に負けて伸びる。それによりクラブヘッドがアドレス時より遠くで回ることになり、結果ダフる。まあ自分も飛ばしてやろうなんて意識しているときはやっている可能性がある。人の振り見て我が振り直せだ。

どうするかと言うと、アドレス時に十分に肩を下げて首を亀のように伸ばす。このようにすることで、重量物であるクラブを振ってもその遠心力で肩を持っていかれないようにする。はじめからそれ以上クラブヘッドが向こうに行かない位置でアドレスするのだ。肘もいい感じに曲がって腕から自然に力が抜ける。

もう一つは、テークバックしてトップまで持っていく時の注意点だ。疲れてきたり躰が辛くなってくると、人間の躰はサボろうとする。基本的に俺はサボリーマンなので、疲れてなくても常にサボりたい。サボリーマンは無意識の内に楽になろうするので、クラブヘッドが正しいトップに到達して苦しくなる前に、頭が下げることで相対的にクラブヘッドがトップに来たと躰に納得させようとするのだ。この段階でもう詰みだ。アドレス時より頭が下がっているので、ダウンスイングで頭の位置を基準に肩を回したら必然的にダフる。

対策としては、これも言われがちな「テークバックで左肩を顎につけ、ダウンスイングで右肩が顎につくまで我慢」とかいう妙なアドバイスを忘れることだ。顎が肩につくかどうかなんて関係ねーし。顎を左肩につけろなんて言うから、無理して顎をつけようとして左肩に顎をつけちまうんだよ。左肩の方が顎に寄ってくればまだいいが、○十肩で肩が上がらなかったり、躰が硬かったり、歳とって辛くなったりすると、顎の方を左肩に近づけてしまって頭が下がる。やはり大事なことは頭の位置は水平垂直どちらにも変えないことだ。それを意識してやる方が大切だと思う。

【水平方向の位置合わせ】

次は水平方向の位置合わせだが、上でも述べた通り、ダウンスイングではアドレス時の姿勢に戻るわけでもなければ、クラブヘッドもアドレス時の位置に戻るわけでもない。クラブヘッドはアドレス時より数センチ前に振り下ろされなければ、ボールをクリーンにヒットできない。

ダウンスイングに関して、ゴルフ教本ではよく「体重移動しろ」とか「左足に乗り切れ」などと書かれているのだが、それで分かる人はそれでいい。はっきり言って俺はそれでは分からなかった。別に俺の頭が悪いわけじゃないよ。いや分かるよ、分かるんだけどさ、何のためにやるのさそれって話。別に体重移動なんかしなくたって打てるじゃん。右足に体重残ってたって打てるし、左一軸打法とかもあるじゃん。あれ移動してないよね。体重移動しなくたってスイング速度なんて大して変わらないし、体重移動したってダフる時はダフるし。

要するにボールより後ろにクラブヘッドが落ちてるからなんだろって話なわけですよ。じゃ、どうすりゃそうならないようにクラブヘッドをアドレス時より前に振り下ろせるか。試行錯誤の結果辿り着いたのが「バンプ」

即ち腰をターゲット方向に向けて水平に移動する。動かすのは腰だけってのが重要で、スタンスをずらさず、頭の位置も変えず、腰だけくねっとずらすこと。これだけでクラブヘッドに必要な数センチの打点移動ができる。やってみると分かるが結果的に右足から左足に体重が移ってる。体重移動なんてものを意識的にやる必要などない。下手に体重を移動しようなんて考えると上体もふらついてスエーするような動作になり易い。スエーすると頭が左右に動く。頭が右足側に動いたままならダフるし、左足側に動けばボールの真上を叩いてぽっこんだ。

だからバンプよ、バンプ。

★クラブの振り方の問題

次にクラブの振り方に関しても考察してみた。あまりチェックポイントを増やすと、スイング時に全部出来ない。別に俺の頭は一つ入れると一つ追い出されるような構造をしているわけではないが、ゴルフは一連の動作で行うことが大事なので、ストップモーションでチェックすることは出来ない。よって今回は二つくらいにしておこうと思う。すべてを躰が覚えきったら、その時また次の段階に進むことにしたい。

アイアンショットの失敗で一般的によくあるのは、ダフり、トップ、シャンク、引っ掛け、右方向への押し出し、フック、スライスだ。それぞれ原因は複合的で一筋縄ではいかない。

自分としては右方向への押し出し、スライス、引っ掛けは、アイアンでは殆ど発生しない。チーピン気味のフックはあるが、大抵はテークバックでインに引き過ぎたか、スイング中に躰が起き上がるのを我慢できなかったかのどちらかで、修正方法は分かっている。シャンクはまあ色々原因はあるのだろうが、根本はフェースターンに失敗した場合が殆どだと思う。トップもあるにはあるが、朝一番や昼食後で躰の起き上がりが早い場合に多い。なんと言っても俺はダッファー歴が長い。よってこの点に関しては長年の研究が進んでいる。科学は俺を裏切らない。

そこで今回は振り方でダフりの原因を直す。一つはテークバック。そしてもう一つはダウンスイングだ。

【テークバックについて】

テークバックは水平に引け。これを俺に教えた犯人が誰だったかはもう忘れた。まぁ理屈は分かるよ。超ストロンググリップにして水平に引いていけば、スイング中にフェース面がボールを向いている時間が長くなる。結果としてボールを点ではなく線で捉え易くなる。フェースターンも意識してやる必要もない。一見良さそうなのだが、まあこれは実際にやって上手くいっている人もいるから否定はしないけど俺には合わなかったと言っておこう。

一応不採用に至った欠点を言っておくと、水平に後ろに引くと、ダウンスイングもそれをトレースするように躰が動きやすいので、どうしても払い打ち的になってティーアップするティーショット以外ではボールの手前を叩きやすい。結果的に夏場のラフなどでは辛い。

よって、自分としてはテークバックでは早めに右肘を曲げ、クラブヘッドを上方向に引き上げる軌道を採用した。

【ダウンスイングについて】

ダウンスイングに関しては、今まで結構ターゲット方向を気にして振っていたが、今回のスイング改造では完全に無視することにした。

アドレス時のスタンスとフェース面さえターゲット方向にしっかり定めておけば、躰は勝手にそちらへ動く。だから特に腕の振りに関してはターゲット方向への意識は捨てた。代わりにボールを上から見て4時の方向から10時の方向へのラインを意識し、10時の方向の縁あたりをガン見してそこに向かって上から下に打ち込む。

これによりパンプとの相乗効果でボールを高い確率でクリーンヒットできるようになった。これまではターゲット方向に振ろうと意識するあまり、ターゲット方向に顔が向くのが早くなってアッパースイング気味になっていたが、このように意識を変えて打ち込むことでダウンブローになってきた。

但し、これには注意点が一つある。バンプと確実に併用しないとシャンクし易くなることだけ備忘録として付け加えておく。

★最後に

前回の投稿は忘れようと思う。俺は政治家じゃないので言ってしまったことを取り消す権利は持っていない。消さずに残しておくことで、成長が分かるってものよ。

自宅の庭をゴルフ練習場にしてみた

「庭でゴルフが出来る家を建てるんだ。」

幼い頃の自分の発言らしい。齢80を超えて現在も健常な父は、時々母とともに我が家を訪れては今でも事ある毎にそれを言う。自分としては全く覚えてないんだが、何度も言われているうちに、だんだん言ったような気がしてくる。マインドコントロールだろうか。

悔しいからというわけではないが、自宅に念願のゴルフ練習用ネットを設置した。まさか18ホールあるパー72のコースを庭に持つ家を建てるとは言っていないだろう。ゴルフ(の練習)が出来る庭であることに違いはないので、これで多分有言実行・・・だな。

さて、本題に入ろう。ゴルフ練習用ネットには、簡易テントの様な形状をしたより小さくて設置収納が容易なドーム型のものなど色々とあるが、シャンクしたりすると我が家や隣家を破壊する虞れがあるので、広域をガードできるしっかりとしたものを選んだ。

庭の手入れは普段妻がしてくれているので、一応購入前に予告したところ、当然のことながら「邪魔、ジャマ、じゃまぁぁぁっ」というクレームがついたが、折り畳めるから大丈夫と言ってネット購入を強行した次第である。一応折りたたみ可能な仕様にはなっているが、風の強い日や台風などが来た時に倒れては危険なのでアンカーを打ち込んだ。故に仕様としては折り畳み可能だが、現実問題としては困難と言わざるを得ない。安全第一だ。折り畳めるが折り畳まない。うん、嘘は言ってない。

的の部分のネットは二重になっており、的自体は静音タイプとなっている。よって打ち込んでも大きな音がパンパンいわないところがいい。

基本的にはアプローチ練習用に購入したのだが、当然アイアンショットや、ドライバーも打ち込める。しかし・・・

自宅の芝は、はっきり言って打ち込む練習には向いていない。何故ならターフを取ってもダフっても、結果が無残であることに変わりはないからだ。これがターフの跡かダフリの跡かは重要じゃない。今の論点はそこじゃない・・・。

これはなんとかしなければならないということで、ゴルフ練習場で使っているマットを会社の元同僚から譲って貰った。

これでアイアンショットの練習で芝がターフ(自称)によって削り取られることはなくなった。そもそも練習ネットは主にアプローチ練習用に設置したのだ。ちょっとした気の迷いでアイアン練習をしてしまっただけで、これの出番は本番のラウンド前にスイング確認をする時くらいだろう。

アプローチの練習は、芝の上で行わないと意味がないので致し方ないが、アプローチで芝を根こそぎ抉ってしまうようでは話にならないので、これで大丈夫・・・の筈だ。

このようにして自宅に練習場ができた。やはり毎日クラブを握ることが重要だ。それも実際にボールを打つことが大切だ。以前は上記写真に写り込んでいる風呂場の足ふきマットに紐付きのプラスチックボールを縛り付け、ガレージのコンクリートの上で練習していたが、プラスチックボールは当たり損ねても飛んでしまうので失敗が分かりにくい。

これでマイナス10打を目指したい。次のラウンドこそは80台だ。

・・・の筈だったのだが、世の中は、ゴルフは、そう甘くはなかった。

「君はアプローチさえ改善すれば簡単に90を切れるよ。」

「いや、寧ろ君のスイングで90を切れない事自体理解できないね。」

これは普段一緒にラウンドすることの多いオサーンから言われる台詞だった。それを信じてアプローチの練習に励んだのだ。しかしスコア自体は全く改善しなかった。

いや、アプローチショットは確かに上達した。これを設置してから一ヶ月後のラウンドで、これまでチョロチョロやっていたアプローチは大幅に改善し、なんと6ホールで寄せワンを取った。うち3ホールはボギーオンでパーを拾った。

それなのに、だ。スコアは微動だにせずソコに留まっていた。理由は分かっている。更にその原因もほぼ特定できている。

理由1:打球が右方向に出る

フェースが返らず、打球が意図した方向より右方向に出ていった。

理由2:ダフリ頻発

切り返しからの左足への体重移動が出来ておらず、右足に体重が残ったままヘッドが下りてきてボール手前をズドン・・・。私がダフるときの定番だった。

これで前半のOUTで56を叩いてしまった。最初に気づいたのが打ち出し方向のズレだった。次がダフリだ。前半の途中で前者を修正。後半の最初の3ホールでダフリの原因に気づき、意識して改善したINは47。が、時すでに遅し。90切れないどころか100を切れなかった。

前半終了後、頭の中が真っ白になった。オサーンに騙されたのか。そうなのか。いやそんな筈は・・・。よく考えれば、なんのことはなかった。この一ヶ月間、練習したことと言えばアプローチ。来る日も来る日もアプローチ。アプローチショットでは体重移動をしない。はじめから左足荷重で、手首も固定し、首の付根辺りを視点にして上体を振るだけ。

つまり手首を固定してフェースを返さないことと、体重移動をしないで体を捻らない練習ばかりをしていたのだ。あっはっはっはっ。

やはり練習マットも併用して、ショットとアプローチ、両方を練習しないとね。
落ちがついたところで、次こそは80台だ。

パターをScotty Cameron Futura 5CBに替えた、惚れた

ちょっと前まで、オデッセイのピンタイプのパターを使っていた。私が異動で所属を変わる時、当時の部下達が記念に贈ってくれたものだ。気に入って永く使っていた。パターカバーが二度駄目になったがカバーだけ交換して使い続けた。だが、最近のパターの傾向として重めのものが主流になってきた。その方が安定するのだろう。そこでついに意を決して交換することとした。部下からの贈り物なので売っぱらったりは出来ない。そこで長男にあげた。それが二年前のことだ。

そのとき新たに買ったのがこれだ。まるでカエルかデンデンムシだ。

Scotty Cameron Futura X。アダム・スコットがこれの長尺タイプを使っていた。

これは確かによかった。何がよかったかって、これの謳い文句は「芯を外しても真っ直ぐ行く」。

そうなのだ、芯を外しても狙った方向に直進する。確かにそうだった。しかしその理由の大半は(メーカーサイドには色々言い分もあるだろうが)、ヘッドが重いということだ。要するに球に較べて此奴はかなり重い。多少重心を外したところで、ものともせずに球を転がしてくれる。ピンの遠くにつけてしまっても、余裕でピンオーバーだ。

だから困る。タッチが出しにくい。もう完全に振り幅だけでいくしかない。それはそれでいいのだろうが、どうも違和感を拭いきれなかった。更に困ったのがキャディーバッグに入れにくいという点だ。デカ過ぎて邪魔なことこの上なかった。

よって使用期間は二年に満たなかったがお別れを告げた。そして今回、衝動買いをしたのがこれだ。

Scotty Cameron Futura 5CB。33インチ。

何ていうか、惚れた。ドライバーで言うところの Taylormade M2 と似た感じの顔がマイブーム。方向性を出し易い感じがいい。

左右に振ってみたが、バランスもFutura Xより良くなった「感じがする。」 これが大事。

打感もFutura Xよりソフトだ。トーンという感じ(笑)。いや実にいい。

初めてのマレットタイプだ。次の流行りはまたピンタイプが来そうな気配だがどうでもいい。パターはイメージと感覚が反映し易いタイプがいいのだ。暫くコレでいこうと思う。

追加投稿 2018.6.24

パターを5CBに変えてから、本当にパットの調子が良くなった。適度な重さで長いパットでもショートし難く、タッチも出し易い。バランスがとても良いので引っ掛けたりぶれたりもしない。

これを使い始めてから平均パット数が32辺りで安定している。パット数が減ってきているのはアプローチが良くなってきたからでもあるのだが、3パットは殆どしなくなった。

このパターはもう手放せない。

ウェッジを替えてみた

アプローチは私にとって鬼門である。先日コースに出た際、アンダーで回ることもあるオサーン(自分も十分にオサーンなのだがこれは相対的な問題だと思う)に言われた。

「君はアプローチさえ何とかすれば普通に80台で回れる筈だ。」

そうなのだ。私は90が切れない。それどころか100叩いてしまうことも多い。それもほぼアプローチショットでロスしている。ティーショットもアイアンも目立ったミスはあまりない。パットも34前後で良くもないが悪くもない。問題はアプローチなのだ。ショートホールでワンオンした時を除いて、毎ホールアプローチで1~2打多い。下手すると3打ロスる時もある。

ちょっと前の投稿でアプローチショットの改善について書いたが、それでもまだ駄目なのだ。そもそも苦手意識があって、構えた瞬間から全くもって巧く打てる気がしない。

Titleist Vokeyのウェッジを50°(8)、54°(10)、58°(12)と揃え、できるだけコントロールショットにならないように、あまりグリーンに近づきすぎない様に用心してクラブで使い分けるようにしていたのだが、それも巧くいかなかった。

そこでウェッジをFourteenのC030(T.S)に替えた。これは51°と57°しかなく、バウンスも選べないが、何より謳い文句に惹かれた。「ダフってもいいんです」。しかし、やはりダフったらだめだった。フルスイングの場合は確かにダフリに強いのだが、コントロールショットでダフると、当たり前の様にチョロ。

だからダフらないようにアプローチスイングを改善したのだ・・・ったのだが。

何が駄目かって、これはもう完全に腕が悪いに決まっている。それは認める。何かもう完全にビビって、加速してインパクト出来ない。

「緩んでるね。」

とも指摘を受けた。そこでウェッジを買い替えた。

いやそれは違うだろうと言われそうだが、練習のモチベーションを上げるために必要なことだったのだ。C030のようなダフってもいいというウェッジなんぞで練習してはいけない。そう思いウェッジを替えた。

そして選んだのがこれ。OnoffのLabospec CB-247W。50°(5)と56°(10)だ。()内はバウンス。

ウェッジは、52°と58°という人が多いが、私の現在のアイアンであるTitleist AP2が

4(23) 5(26) 6(29) 7(33) 8(37) 9(41) P(45) ()内はロフト角。

と来ているので、50°と56°の方が流れ的にいいという判断。

アイアンがTitleist 710CBだった時は5番からPWまできっちり4°刻みでPWが46°だったので、ウェッジはVokeyの50°、54°、58°を入れていたのだが、54°の出番があまりなかった。

なので、AP2に替えた時、ウェッジもC030に替えて二本にした。と言うかこれは51°と57°の二本しかなかった。

まぁ、ウェッジに関しては完全にクラブが原因じゃないことは判明しているわけだが、気持ちを一新して頑張りたい。

一応記録のために書き記しておく。

ストレートネックだ。開いてもシャンクするイメージはない。するだろうけど。

フェースには、所謂ウェッジの溝の他に表面にレーザー加工と見られる細かな紋様がある。スピンをかけるためなのだろうが、メーカーサイトや専門誌のレビューみたいなことを書いても意味が無いので省略だ(笑)。早速練習場で試打。

練習場では巧く打てた。巧く打てればスピンもかかって止まる。C030の様にソールに溝はなくても、特にダフって引っかかるようなことはない。

何故だ。解せん。どうしてこれと同じことがコースで出来ないのだろう。

C030はDG200のシャフトだったが、これはNSのウェッジ専用シャフトのようだ。DG200のような重さはないが、特に軽いというわけでもない。

うーん。一言で言うと非常にいい感じ。何と言うか特段癖がない。

兎に角、軽くポーンと上げるようなアプローチは止めだ(それすら出来ないくせに)。低く出してビシっと止まるアプローチを目指したい。

以上