ゴルフラウンドについて考えてみた

過去三回の投稿はショットのことについて書き残してきたが、ここからはラウンド時に気をつけることについて、思いつくままにランダムに書いていくこととし、順次書き足していく。

1 基本的なこと

◆目標に向けて打ってはいけない

キャディーとか、コース攻略ガイドなどによく「どこへ向けて打つ」なんて書いてあるが、そこに向けて打ってはいけない。

その目標の前後左右に絶対に避けるべき何かがないか、もしその何かがある場合は、自分のショットの精度を考えて、安全サイドにマージンを取った方向に打つ。

目標地点より奥にハザードなどがある場合は、絶対にそこに届かないクラブを選択する。

◆ミスショットの後は、絶対に次打でリカバリを狙わない

ミスショットをした時点で、そのボールは自分のリカバリ能力を超えたところにあるものとして諦める。でないと大抵大叩き・・・。

リカバリは、そのホールで打つストローク全体、若しくはラウンド全体で取り返す。

◆ミスしたら、ボギーであがることを考える

一度ミスしたら、そのホールはボギーで収めることを最優先する。

OBを出したら、ダブルボギーで収めることを最優先する。

◆チャレンジはしない

一か八かの賭けになるようなチャレンジをしてはいけない。

ろくなことにならないから・・・

2 ティーショット

◆打ち上げホールのティーショット

視線が上に向いてアッパースイングになり易いので、方向を定めたら平地だと思って打つ。

◆ドライバーで低い球を打ちたい時は

ボールをスタンスの中央に置き、ドライバーを短めに持って鋭く振る。

3 斜面からのアイアンショット

◆爪先上がり

左に出ることを考慮し、その分右方向にアドレスする。

番手を上げて短く握る。

身体はあまり使わず、腕主体で振る。下手に平地と同様に体重移動して打とうとすると、スイングの反動で右足に体重が残り、右足を軸にして身体が回って左へ引っ掛けることが多いから。

◆爪先下がり

右に出ることを考慮し、その分左方向にアドレスする。

アプローチと同じ様に、腕とシャフトを真っ直ぐ気味にして握る。

十分に腰を落として、力まずゆったりと振る。

◆左足上がり

体重は最初から左足にかける。下(右足)から上(左足)への体重移動は難しいから。

姿勢が乱れないようにコンパクトに振る。大振りしない分、大きめのクラブで打つ。

◆左足下がり

極力斜面なりに立ち、左足荷重。

姿勢が乱れないようにコンパクトに振る。

ダフらないように、ややアウト・インの軌道でインパクトし、フォローを下に出すように振る。

4 斜面からのアプローチ

◆左足上がりのアプローチ

フォローで左肘を抜くようにすると地面に刺さらない。

5 バンカー

◆目玉のバンカー

クラブフェイスを思い切り閉じて、上からボールの手前に打ち込む。

◆左足上がりのバンカー

ボール位置は右足前に構える。

スタンスはスクエア(オープンにしない)。

クラブフェイスは開かずに、ボールの手前に打ち込む。

◆硬いバンカー

上げなくて良いならアプローチと同じ

上げる必要があり且つエクスプロージョンも必要ならヒールから打ち込む

5 その他

◆クラブの番手で迷ったら、丁度のクラブでフルショット

ここは意見が分かれるところ。大きめのクラブで小さめに打つという意見も多いが、大きめのクラブでコントロールショットすると、振り切れずに右に行くことが多いので、丁度のクラブでフルショットにしたい。

ここで届かせようと力むとダフるので注意。

◆フェードとドローを打ち分けたい時は

スイングで調整しようとせずに、アドレスで調整する。

◆ディボットに嵌っているボールを打つには

振り抜くのは難しいので、パンチショットでしっかり打ち込む。

 

 

 

ゴルフスイングについて考えてみた(ドライバー編)

ゴルフの打ち方に関する過去の投稿を読み返してみると「こいつは一体何を言ってるんだ。」と思う。それは認めるが、過去の自分はこう感じていたという記録なので敢えて削除はしないこととする。

しかし、最近はゴルフのスコアが少しずつまとまってきたので、これまで色々やってきた中で、よかった点だけを再びここで備忘録としてまとめておきたい。

ゴルフ本や練習場のコーチの言うことは、多分皆同じことを言っているのだとは思うものの、各人の感性と表現力に差があり、それが自分の感性と理解力にマッチしないとどうもしっくりこないので、彼らが言うようにやってみても中々その言わんとするところを再現するに至らない。

だから、自分で理解できた内容を自分の感性と表現力で置き換えて記録しておく必要があると思っている。

したがって、自分ではこうするとうまくいったというメモなので、これが正解か否かは保証の限りではないし、他人が読んで共感するのも上記の理由で難しいとは思うが、過去の投稿が参考になったと言ってくださった方もいるので、少しでも私と同じく迷える子羊諸兄の参考になれば幸いである。

前回の投稿ではアイアンショットについて書いた。今回はドライバー編である。

ドライバーを持つ時、私がやりたいことは次の通りである。

◆遠くに飛ばしたい。少なくとも250yd、そしてオサーンより1ydでも遠くに・・・

◆アイアンほどの精度は求めないが安全サイドの範囲内に・・・

まあ、こんなものか。ドライバーを握る以上、距離優先である。精度が必要なら距離を犠牲にしてスプーンにすればよいのだから。どうせ20~30ydくらいの差だし。

それで、アイアンショットと何が違うのかと言えば、アイアンの場合はボールに当たってからスイングの最下点を迎えるが、ドライバーの場合はスイングの最下点を過ぎてからボールに当たるということである。

よって、スイングの基本的なプロセスは同じであるが、一部だけ違うということを気をつけている。

1 グリップ(アイアンと同じ)

◆左手はややストロンググリップ

スクエアグリップだとテイクバックでクラブフェイスを開いて、バックスイングで閉じる動作になるが、ストロンググリップではそうした動作は不要になるため、インパクトの前後でフェィスがターゲット方向を向いている時間が長くなり、安定する(ような気がする)。

◆右手は添えるだけ(あまり被せない)

右手は、クラブフェイスと同じ向きで添えておくだけ。

理由は後述するが、右手がフェイス面と同じ向きであることが重要。

◆弱く握り手首の力も抜く

ダウンスイング時にクラブの重みでヘッドを走らせたいので、クラブを手で吊っている感覚で握る。強く握ると手首にも力が入ってしまい、ヘッドが走らず、振り遅れる。

2 アドレス(アイアンと同じ)

◆立ち位置(ボールとの距離)と重心がかなり大事

クラブを握り、腕を真下に下ろし、足と背筋を真っ直ぐにした状態で腰を曲げて前傾し、前に倒れる寸前で膝を少し曲げた姿勢でクラブヘッドがある位置にボールを置くのがベストと思われる。この時重心はやや爪先寄り。ベタ足ではない。

ボールとの距離が合わないと、ダウンスイング時に身体がインパクトを合わせようとして無意識に余計な動作をしてしまうので、クラブの番手ごとに最適な位置に立つ必要がある

◆背筋を真っ直ぐにし、肩を十分に下げ、首を伸ばす

ダウンスイング時にクラブの重さと遠心力がかかっても、ヘッドがアドレス時より遠くに持っていかれない姿勢を作る。

3 テイクバックからバックスイング(少し違う)

◆テイクバック時は左手を押してクラブを上げていく

腕で持ち上げる様にテイクバックすると肘が曲がり易いので、左手でグリップエンドを押していくようにすると肘が曲がり難い。

◆フェイスが円周上で常にボールを向いているようにテイクバック

テイクバック時は、クラブフェースが開かないように、フェイスが円周に対して直角(円周上では常にボールをインパクトする方向)を保つようにテイクバックする。

◆できる限り大きくテイクバックする(👈ここが違う)

アイアンはクラブを上から入れたいので、テイクバック直後から右肘を畳み、左手を高い位置に上げるが、ドライバーでは右肘はできる限り最後まで畳まず、大きな弧を描いて後ろに引く。

4 トップから切り返し(アイアンと同じ)

ややドローの球筋で打つためには、インパクト時に4時の方向から10時の方向にクラブフェイスを当ててやる必要がある。

また、切り返しの際に左肩がボールに近づいてしまう、所謂突っ込むを防ぐためにこのフェーズは重要であり、これらを実現するために行う次の2つの動作がかなり重要と考える。

但し、この2つの動作は何れも一瞬そう意識する程度に行う。

◆トップで左手を掌側に折る(右手を甲側に折る)

あまりやるとインパクト時にフェースが被って当たってしまうので、飽くまで気持ち程度にやると、トップでクラブが後ろに倒れ、良い感じにイン・アウト軌道の切っ掛けが作れる。

◆アドレス時に爪先寄りだった重心を一端右足踵に乗せる

トップで重心を右足踵に乗せてから切り返していくことで、溜めができ、突っ込みを防ぐことができ、スイング軌道をイン・アウトにする効果も得られ、良いことだらけ。結果として右方向へのプッシュアウト防止にもなる。

5 ダウンスイングからインパクト(少し違う)

◆背骨を回転軸にし、腕を早く振る(👈ここが違う)

背骨を回転軸に初動するのはアイアンと同じだが、初動後はアイアンより早めに腕を振る。

ボールに向かって上から振り下ろすイメージではなく、より緩やかな角度で入射し、振り切ってから身体を回していくように意識する。

クラブが長いので、身体を先行させると振り遅れるため、腕の振りを先行させる。

◆顎が右肩につくまで頭をキープしながら左足に体重移動

突っ込んだり身体が開いたりしないように、顎が右肩に当たるまでは顔を身体の重心から動かさないようにしつつ、右足を蹴るようにして左足に体重を移動する。

この際、肩、腰、足を結んだ線が逆くの字になる。

◆ヘッドを斜め右に放り投げる様にインパクトする(👈ここが違う)

クラブシャフトが長いので、アイアンのようにフェイス面を右掌に同調させるイメージでは方向性が出せない。

方向性はアドレスに任せ、フェイスの真ん中に当てることに意識を集中する。

◆前傾姿勢をキープして振り切る

あとは起き上がらないように自信を持って振り切るのみ。