ゴルフラウンドについて考えてみた

過去三回の投稿はショットのことについて書き残してきたが、ここからはラウンド時に気をつけることについて、思いつくままにランダムに書いていくこととし、順次書き足していく。

1 基本的なこと

◆目標に向けて打ってはいけない

キャディーとか、コース攻略ガイドなどによく「どこへ向けて打つ」なんて書いてあるが、そこに向けて打ってはいけない。

その目標の前後左右に絶対に避けるべき何かがないか、もしその何かがある場合は、自分のショットの精度を考えて、安全サイドにマージンを取った方向に打つ。

目標地点より奥にハザードなどがある場合は、絶対にそこに届かないクラブを選択する。

◆ミスショットの後は、絶対に次打でリカバリを狙わない

ミスショットをした時点で、そのボールは自分のリカバリ能力を超えたところにあるものとして諦める。でないと大抵大叩き・・・。

リカバリは、そのホールで打つストローク全体、若しくはラウンド全体で取り返す。

◆ミスしたら、ボギーであがることを考える

一度ミスしたら、そのホールはボギーで収めることを最優先する。

OBを出したら、ダブルボギーで収めることを最優先する。

◆チャレンジはしない

一か八かの賭けになるようなチャレンジをしてはいけない。

ろくなことにならないから・・・

2 ティーショット

◆打ち上げホールのティーショット

視線が上に向いてアッパースイングになり易いので、方向を定めたら平地だと思って打つ。

◆ドライバーで低い球を打ちたい時は

ボールをスタンスの中央に置き、ドライバーを短めに持って鋭く振る。

3 斜面からのアイアンショット

◆爪先上がり

左に出ることを考慮し、その分右方向にアドレスする。

番手を上げて短く握る。

身体はあまり使わず、腕主体で振る。下手に平地と同様に体重移動して打とうとすると、スイングの反動で右足に体重が残り、右足を軸にして身体が回って左へ引っ掛けることが多いから。

◆爪先下がり

右に出ることを考慮し、その分左方向にアドレスする。

アプローチと同じ様に、腕とシャフトを真っ直ぐ気味にして握る。

十分に腰を落として、力まずゆったりと振る。

◆左足上がり

体重は最初から左足にかける。下(右足)から上(左足)への体重移動は難しいから。

姿勢が乱れないようにコンパクトに振る。大振りしない分、大きめのクラブで打つ。

◆左足下がり

極力斜面なりに立ち、左足荷重。

姿勢が乱れないようにコンパクトに振る。

ダフらないように、ややアウト・インの軌道でインパクトし、フォローを下に出すように振る。

4 斜面からのアプローチ

◆左足上がりのアプローチ

フォローで左肘を抜くようにすると地面に刺さらない。

5 バンカー

◆目玉のバンカー

クラブフェイスを思い切り閉じて、上からボールの手前に打ち込む。

◆左足上がりのバンカー

ボール位置は右足前に構える。

スタンスはスクエア(オープンにしない)。

クラブフェイスは開かずに、ボールの手前に打ち込む。

◆硬いバンカー

上げなくて良いならアプローチと同じ

上げる必要があり且つエクスプロージョンも必要ならヒールから打ち込む

5 その他

◆クラブの番手で迷ったら、丁度のクラブでフルショット

ここは意見が分かれるところ。大きめのクラブで小さめに打つという意見も多いが、大きめのクラブでコントロールショットすると、振り切れずに右に行くことが多いので、丁度のクラブでフルショットにしたい。

ここで届かせようと力むとダフるので注意。

◆フェードとドローを打ち分けたい時は

スイングで調整しようとせずに、アドレスで調整する。

◆ディボットに嵌っているボールを打つには

振り抜くのは難しいので、パンチショットでしっかり打ち込む。