靴の踵を修理してみた

革靴の踵が減ってきた。踵の修理を靴屋や街の修理屋に出すと、一足当たり2500円から3000円取られる。あんなもんは知識と道具さえあれば誰でもできる。どう考えてもぼったくりだ。貧乏人としては納得できない。

そういうわけで再びShoe Gooの出番である。再びと言うのは、このブログを始めた初期の頃にShoe Gooでの踵修理を投稿したのだ。しかしその時は、写真が一つもないあまりに手抜きな記事だったので、この際再掲ネタではあるが投稿することにした。

Shoe Gooってのはこれね。

で、踵の減った革靴というのはこれ。

普通に靴屋か修理屋に出すと、彼らは減った踵から釘を抜き、踵をむしり取ってから接着剤を除去し、新しい踵を接着剤で貼り付けて釘をうち、はみ出した部分を削り、最後に補色して完成という工程を踏む。

Shoe Gooの場合は、減った部分にShoe Gooを埋める。それだけ。では始める。まず用意するのは、どこの家にもある鋏、ガムテープ、マスキングテープ、そしてアクリル板だ。いやマスキングテープとアクリル板は普通の家庭にはないかも知れないが、我が家には普通にある。クラフトマンには必要不可欠なものだからね。

まずは、踵にヤスリを当て、表面を均し、Shoe Gooを塗りたくない場所にマスキングする。

次に、アクリル板を適当な大きさに切って、踵周りにShoe Gooを埋める壁を作り、ガムテープで固定する。これで準備完了。

早速Shoe Gooで隙間を埋めていく。

コツは二つだ。一つ目は、空気が入らないようにしっかりと隙間を埋めるようにShoe Gooを押し込むこと。もう一つは、所謂充填剤の基本だが、乾燥すると固くなるものは、必ず乾燥の過程で痩せるということを見越して、少し多めに盛ることだ。

Shoe Gooを盛った後は、氷で表面を均すと滑らかに仕上がる。

後は乾燥して硬化するまで放置。いやー、簡単簡単。

もう片方も同様に作業し、順次踵のすり減った靴を修理していく。

効果時間は説明書きに書いてはあるが、あまり参考にならない。Shoe Gooを充填した箇所の厚みや気温によって乾燥時間はまちまちだ。今は夏場だが、厚みは4mmを超えているので、説明書にある時間の倍に相当する48時間は見ておく。冬場なら更にその倍は見た方がいい。Shoe Gooを使う場合のボトルネックはこの乾燥時間の長さだ。靴をあまり持っていない方には向かないかも知れない。

さて、48時間後、どうなったかアクリル板を取り外してみると・・・。

穴開いてるし・・・。

はみ出しちゃってるし・・・。

羽つき餃子みたいになっちゃってるし・・・。

うん、今回やった四足とも失敗してるね。

「くそがぁぁぁぁーっ。なんじゃこりゃぁぁっ。欠陥商品だろ、ネットで酷評してやる。」

などと騒ぐのは、知識も技術もないのを棚に上げ、てめえの無能さを製品の欠陥と言い張る低能共のすることだ。よくネットの口コミで見るレビューの大半がこれだな。

まあこれは、Shoe Gooの充填時に空気を抜ききれなかったか、内部に僅かに残った空気が硬化の過程でShoe Gooが痩せていくのと同時に膨らんだか、或いはその両方か、何れにせよ「想定の範囲内」である。別に空いた隙間にもう一度Shoe Gooを埋め込んで固めりゃいいだけの話だし。

盛って、埋めて、氷で均して、はい次っ・・・。

慌てず、騒がず、こんな調子で再調整して硬化を待つ。

 

・・・うん、今度は大丈夫そうだ。駄目なら、何度でも充填し直して乾かせばいい。こういうものは失敗からのリカバリこそがノウハウだ。たまたまうまくいった成功例からは何も学べない。

ここまで来たら、はみ出した余分なShoe Gooを削り取る。ここで「どこの家庭にもある」ベルトサンダーでバイィィーンとやればさっくり取れる。「万が一ベルトサンダーがない場合」は、別に紙やすりでもいい。

ここまでやると、大体こんな感じになる。最初の工程で隙間なくShoe Gooを埋められていたら、一発でここまで来る筈だった。

  

この通り磨り減った部分は無事(でもなかったが)に埋めることが出来たのだが、これで終わりにするというわけにはいかない。

何せ俺はセミプロだからな。というわけで、次ははみ出したShoe Gooを削る過程で傷つけてしまった革の部分の補色にかかる。

まずはマスキングし、例によってコロンブスのアドカラーを取り出し、軽く色当てしてみる。

明るすぎるので、黒を混ぜて焦げ茶にする。アドカラーは、少し水を足してやると色が混ぜやすくなる。やや明るめに調整するのがコツだ。

今度は良さそうだ。次は色の濃い靴用に更にトーンを落とす。

ついでに、荒れたコバもアドカラーで修復しておこう。

革の部分の補色が終わったら、今度はShoe Gooで埋めた踵の仕上げにかかる。

Shoe Gooで埋めた部分と元の素材との間には微細な隙間があるので、補色前にまずこれを埋める。今度はかかと部分を残してマスキングする。

アドベースを塗って、隙間を埋める。

乾燥したら、紙やすりで均す。

最後にアドカラー黒を塗って完成。

まあこれなら普通に履いている分には、他人には靴屋に修理に出したものと区別はつかないね。

因みに下のチャカブーツは、違いが分かるように(正直に言うと面倒くさくなったから)アドベースによる下地処理をせずにアドカラーだけで仕上げた。あまり変わらないかな(笑)。

さて、かかったコストだが、アクリル板は再利用できるし、アドカラーは指先程度しか使っていないので値段に換算できるほどの使用量ではない。残っているShoe Gooの量から換算するに、一足当たり概ね150円と言ったところか。四足で600円。修理屋に出せば12000円。

コスパは比ぶべくもない。

「私の物は修理するのに、自分の物はすぐ買い換えるのね・・・。」という妻の追求を躱す狙いもあったのだが、ぼーっとしている時間にチョチョイとやって、チコちゃんにも叱られることなく、ゴルフ一回分ほどの費用が浮いた。

「奥さん、自分のも修理して使ってますよぉ~。」

40分ほど歩いた後の状態がこれ。特段減った様子もなし。

革靴を伸ばしてみた

当たって痛い革靴を伸ばす

妻がワンサイズ小さい靴を買った。彼女の靴のサイズは基本的に23cmなのだが、何を思ったか22.5cmのパンブスを買ったのだ。爪先と踵にしか足を覆う部分がなく、比較的柔らかい革を使用している靴だったので、履きなれてくると伸びてカパカパになるのを心配してのことだったのだが、案の定少し当たって痛いらしい。

仕方がないので、少し伸ばしてやることにした。靴を伸ばす際は、ストレッチ調整機能付きのシューキーパーか、専用のシューストレッチャーを使うのだが、今回はシューストレッチャーを使う。

このように形としてはシューキーパーと同様のものだが、伸ばすために先端部を広げられるようになっている。シューキーパーにもこれが出来るものもあるのだが、専用具には見ての通り数箇所穴が空いている。

何のための穴かと言うと、上の写真のように特に当たって痛い部分をピンポイントで伸ばすパーツを差し込む穴だ。元々空いている穴は位置が合わないので、適当な位置に自分で穴を開けて使う。

さて、早速伸ばしにかかるわけだが、こういう作業にもコツというものがある。革靴は、乾燥した状態で伸ばそうとしてもなかなか伸びるものではない。そんな簡単に伸びてしまったら履いたそばから伸びてしまいぶかぶかになってしまう。

履き込んだ靴が、足の形に伸びていくのは、履いている間に足が発汗し、湿った革靴が足の体温で温められ、浮腫んで膨張した足によって徐々に伸びていくのだ。よってこの状態を作り出さなければならない。革は、濡れた状態から乾燥する際に、濡れたときの形状を維持しようとする性質があるのでそれを上手に利用するのだ。したがって、革靴を伸ばすには次のようにする。

◆革を湿らせる(濡れると革は伸び易い)

◆ストレッチャーで広げる(拡げ過ぎに注意)

◆温める(温めると革は伸び易い)

◆放置する

注意すべきポイントは二つ。一つ目はストレッチを一度にかけ過ぎないこと。過度なストレッチをかけると革が破れたり、靴底との接着が剥がれたりする原因になるので、ストレッチは数回に分けて徐々に行うとよい。

二つ目は今回伸ばしたのはエナメルの靴に対する注意。言うまでもなくエナメルの靴は熱に弱い。絶対にドライヤーを当てるな等と書いているサイトもあるくらいだ。しかし、世の中に絶対などない。今回は温めることで革を柔らかくすることが目的なので適度にやれば問題ない。

いい感じに拡がった。妻も喜んでいる。彼女は右足の方が少し大きいらしく、もう一足痛いのがあるというのでついでに伸ばした。